お母さんになる人たちのための、葉酸サプリ

妊娠検査薬を見せる女性

葉酸の働き

お腹を触る妊婦

摂るべし

葉酸という成分は、ホウレン草などの葉野菜、豆、お肉のレバーなど、いかにも「健康に良い」というイメージの食品にたっぷりと含まれています。
ほうれん草のおひたしや納豆ご飯、焼き鳥のレバーなどを食べることで、体に入れることが出来るというものです。

ふだん、私たちはそれらの食品を何気なく口にし、美味しいと思いながら食べているわけですが、妊娠が発覚したあとには「何気なく」というわけにはいきません。
むしろ、積極的に葉酸を摂取すべきであるとされています。なぜなら、この成分は「赤ちゃんの体をつくる」という役割を担っている成分だからです。
実際、2000年には厚生省(当時)からの呼びかけという形で、妊娠する可能性のある女性たちへ、「葉酸を取ると良いですよ」ということが伝えられています。
厚生省が厚生労働省となってすぐの2002年には、このお役所が管轄している母子手帳に、「葉酸を摂るべし」と書かれるようになっています。

赤ちゃんへの影響

妊娠した女性が葉酸を摂るべきなのは、葉酸という成分が、赤ちゃんの体を健康なものにつくり上げる期間である妊娠期間に、赤ちゃんに対して良い影響をもたらすからです。
この成分は、なじみの深い言葉で言うならビタミンB群と呼ばれるものの一種です。この成分は人間の血液を作るもとになると言われていて、とりわけ、体がつくられる段階にある赤ちゃんに対しては、必要不可欠な成分であると言われています。

妊娠中に葉酸を充分に摂取しなかった場合、生まれてくる赤ちゃんが貧血症になってしまうという事例があるようです。
健康な赤ちゃんを生むために、これは欠かせないものなのです。